So-net無料ブログ作成

お別れのピアノ [日々生活]

昨年、練習室が閉鎖になってすぐ、ご好意で弾かせていただいていたピアノ。
持ち主の方がピアニストの本田竹広さんとお友だちで
本田さんが亡くなる前によく練習に来られていたとのこと。

しばらく放置されていたので初めは鳴らなかったピアノが
途中から明るい音がコロコロするようになった。

image2.JPG


調律もしてとても調子がよかったんだけれど
突然この場所も閉鎖になりこのピアノも売られることに。

査定業者が来て話をすると基盤にヒビがはいって、もうかなりのおじいちゃんらしい。
50年以上前、しかもYAMAHAじゃなくてNIPPON GAKKIですから。

image1.JPG


値がつかないものの東南アジアに寄付されるとのこと。
査定の青木さんに「潰すということは絶対ないですから。
必ず弾いてもらいますから」と言われて、なんか泣きそうになってしまった。
「青木さんに託しますね」と無事にピアノを送り出しました。

image3.JPG


1年半の間、よく話をしたね!おじいちゃんピアノ。
本当にありがとう。

さて、また素敵なピアノに出会えるかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント