So-net無料ブログ作成

3月と確定申告と7年前のこと [日々生活]

今年も確定申告が終わった。
昨年何をやっていたかを思い出し、考えながらまとめるので時間がかかるけれど
e-taxはしないことにしている。
税務署に出向き、職員さんに判を押してもらって「ご苦労さまです」と
言葉をかけられるのが自分の中でのなんとなくの儀式。
勤労と納税の義務が国民の義務のうちの2つ。
社会での義務って何?義務を果たすって何?と。
義理を果たすことのほうがしっくりくるとふと思ってみたり。

それはさておき
7年前の2011年3月15日、私は今年と同じように税務署に向かっていた。
マスクをしサングラスをかけて花粉症対策しながら歩いていた。
「やけに光が眩しい」そう思いながら
4日前に起きた東日本大震災の影響で、仕事がキャンセルになったり
人通りが少なくなったりしていたことに
有事であることをひしひしと感じていた。

多分いろんなものが飛んでいたのだと思うのだけど
あのキラキラと乱反射したようにみえる光と、風の強さを今でも忘れない。
こんな時でも延滞しないで確定申告に行くってことが
大きな自然に揺さぶられながらも社会は動いていると、何とか自分の精神が
平静を装おうとしているのか、自分でもよくわからなかった。

いつもギリギリにしか税務署に提出に行かない私は
いつもの年のようにギリギリに申告書類を提出して、職員さんに判を押してもらい
「ご苦労さまでした」と声をかけられることで
日常を取り戻そうとしていたのかもしれない。
帰りに珈琲を飲んで家に帰ったのを覚えている。

あれから7年。私自身はそんなに変化はない。
自分のやりたいことをやり、やりたくないことは極力やらず
多少戦いながら、妥協もし、
周りにいる人たちが楽しく生きているのを見て、私もそうありたいなと思う。


昨年、確定申告で税務署に行った帰りにビーガンカフェに寄った。
そこのランチが野菜たっぷりでその野菜をたくさん食べたくなったから。

食べていた時に、お店の女性とお客さんが個人事業主とわかり、
私が「確定申告を今してきたんです」と話すと「そうですか。おつかれさまです!」と
2人から声をかけられてなんかやけに嬉しかったのを覚えている。

昨日はまだ確定申告が終わっていなかったんだけれど、
久しぶりにそのカフェに行ってランチを頼んでそれを頂いていたら
「去年確定申告が終わったって、いらして頂いたお客様ですよね」って言われて。
あの時の女性のスタッフさん。
よく覚えていたなあと感心して、そこからまた税金と個人事業主の話。
今年はまだ終わってないんです、これからなのと言うと
私もなんです。がんばりましょ。
って2人で気合いれた。

小さいことだけど、また来年の確定申告の時に思い出すのかもしれない。

これから三寒四温で春に向かって行く。
桜は開く準備を整えている。
3月はそんな季節。

image1.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

理にかなう [日々生活]

昨年は冬眠モードだったこともあるのか
ふと、この1年くらい身体に無理をかけなくなったと感じる。

別に病気をしたとかそんなことはないんだけれど
気持ちだけでは進めない、進んではいけないと感じるようになった。

これまで通り無理をしても、多分無理できると思う。
120%で走り抜くことが一時的にはできる、きっと。
でも、それはしてはいけないと自分の奥から声がするような気がした。

無理は理性が無い、と書く。理屈が無いとも言える。
理知的でないとも言える。
若い頃は理がなくても許されることもある。
勢いで理を吹き飛ばすことだってある。
でも、歳を重ねるってそういうことじゃない。
理を知り、それを賢く使うこと。それが智恵になる。

無理をしないということは怠けることや惰性でやることとは違う。
自分の全力を尽くすことと同じこと。
でも自分の中の道理って何かを知ること。

その無理しない状況から出てくるいろいろな何か。
音楽やいろいろと変化が始まっている。
自分、もっと聴かせてよ、と思う。
もっと自由になれそう。
今年はそういう年。

image1.jpeg
nice!(0)  コメント(0)