So-net無料ブログ作成
旅しました ブログトップ
前の10件 | -

17.9 戸隠 [旅しました]

澄んだ空気と雄々しい山
まるで山伏の如く歩いた旅

R0002082.JPG
気の抜けがよい場所

IMG_1788.JPG
緑に包まれる感覚

IMG_1802.JPG
鳥居の一歩先の杉並木からフェーズが変わる

IMG_1793.JPG
鏡池とはよく言ったもの!


nice!(0)  コメント(0) 

夏の終わり [旅しました]

大井川鉄道に乗って
夏の終わりを楽しむ

R0001960.JPG
IMG_1639.JPG
IMG_1643.JPG

IMG_1641.JPG
小さいころの夏休み旅行の風景だ

nice!(0)  コメント(0) 

2017.8 長野 [旅しました]

長野へ一年に一度のお墓参り
先祖が眠る場所で思ったのは
もう眠っていないな、ということ
風に吹かれて、水に混じって
彼らはこの地の一部になっている


R0001794.JPG

R0001784.JPG


R0001782.JPG
それが風景を作って私の目に入ってくる
だからこそ草や花、山や空を見ると
住んだこともない場所なのに
なぜか懐かしい気持ちになる

R0001801.JPG
R0001799.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

安曇野へ [旅しました]

火、水、光の中、心地よい友人たちとの時間は
春に向かうまでの冬眠の時期には
身も心も潤す栄養になった

冬眠明けまでもう少し

IMG_0316.JPG

P1290531.JPGP1300546.jpg
P1300549.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

石に天体をみた日 [旅しました]

友人Shioさんが主宰しているトトラボ植物療法の学校でついに岩石と鉱石のセミナー。
講師は大学で教鞭をとられている萩谷先生

2回の講義の後、最終回はフィールドで石を観察。場所は秩父の長瀞へ。

なんと、埼玉なのに家から3時間とは。
そして現場、長瀞・虎石の説明。



ついた先の河原に広がる風景は惑星がむき出しになっているみたいだった。

月に降り立った宇宙飛行士はこんな気持ちだったんだろうか。
水色の石、グレーの石が薄く重なり合っていてボーダーの模様に。

IMG_9732.JPG

IMG_9736.JPG


さらにルーペで見るとそこにはさまざまな形やなんやらそれはそれは美しい世界が見える。
こんなに小さいキラキラしたものが立体化して集まっている。
普段「きれいだな」とみているものは単純にきれいなだけじゃなくて、複雑にきれいだけど見えている形がシンプルにきれい、と思うと
やはり、シンプルは複雑の塊でできているんだと納得する。

空だって高いところにあるからルーペでみられないけれど、みたら複雑な色が合わさっているんだろう。

IMG_9747.JPG

宮沢賢治も訪れたという場は、彼が心の中にふっと宇宙を感じたのかなと思わせるような壮大さがあって圧倒された。私は今どこにいるんだろう?と何度も地球以外のどこかにいるような気持ちになった。

地球の活動はまさに自立したアート。
私にとって自然科学に触れ、感じ、思考するのはまさに先生からいろんな知識や知恵を授かっていることと同じ。
ピアノを弾き、音を探っていくことと何の変わりもない。
そんなアートを観てインスパイアされるのはまさに野性を研ぎ澄ますってことなのかな。
ただ今「野性」について思考中。
ウィル研のウィル展はこちらからどうぞ

IMG_9743.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

2016.10 出雲 [旅しました]

雲がいつもたなびいていた
オオクニヌシの国 出雲
和紙の紙漉きさんを訪ねる旅に便乗させていただいた

旧暦ではまだ神在月ではないけれど
神さまたちもパッキングくらいはし始めていることだろう
神在月が終わる時には神さまたちが集まって打ち上げする場所だってあるくらいだから(笑)

image2.JPG
出雲大社のしめ縄 左まわり 大国主神の大きなエネルギーを鎮め、そして表している

image3.JPG
ここから神さまたちがお出でになる稲佐の浜

image4.JPG
須佐神社はスサノオと奥さんのクシナダヒメがいらっしゃる

image5.JPG
石見神楽

image6.JPG
石州勝地半紙の風の工房を訪ねて

image7.JPG
石見銀山の街角

image8.JPG
松江城

image9.JPG
IMG_9282.JPG
八重垣神社にもスサノオとクシナダヒメがいらっしゃり、最古の結婚の場だとか

image10.JPG
image11.JPG
足立美術館の庭園は一見の価値あり

image12.JPG
美保神社をおまいりすることで
出雲は両詣りになるとか

image13.JPG
美保神社には海の神、えびす様がいらっしゃる
MIHOという音にシンパシーを感じます

出雲に神さまが集まって話し合いをした後は打ち上げ(直会)をして
それぞれの国にお帰りになるのですが
その神社には今回残念ながら伺えませんでした
神さまたちも打ち上げをするなんて(笑)
私たち人間の打ち上げは次回のお楽しみ!

今回、実は一番ふっと通り過ぎるような
何かを感じたのは
黄泉比良坂という黄泉の国に繋がる場所
そして、出雲大社の一番奥にある
スサノオが鎮座する御社

黄泉比良坂はイザナキがイザナミから逃げて
石を置いて結界を張ったところ
確かに静かすぎるくらい静かで
少し怖れを感じましたが
石の前でお詣りをすると
ざわざわしていたものがすっと落ちつきました
ほぼ同時に友人もそう感じたよう
不思議

島根、というのは根の国(こちら側ではない世界)の島という意味もあるようで
単に縁結びの神が鎮座するだけではない
なかなか深い場所



nice!(1)  コメント(0) 

長野にて [旅しました]

毎年恒例長野にお墓まいりの日

名前は美穂だからと意識して見始めると
このたくさんの穂が美しさを持つことに感心する。
そして秋には実り、こうべを垂れる稲穂。
今年は収穫を手伝う予定。
満ちた穂の収穫。

なんてことを親戚との交流から少し離れて考えるのがよい時間。
気持ちのよい風が吹きます。
image1.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

奈良、吉野へ [旅しました]

吉野の森を歩き、吉野のあかり工房(あかり工房吉野)でランプシェードを作り、金峰山寺の期間限定夜間拝観、
葛菓子職人(中井春風堂)の元での葛切り作りワークショップ、旅館に帰って温泉につかって就寝。
朝は6時半から金峰山寺のお勤め、チェックアウト後に後醍醐天皇陵に行き、
お昼から吉野の和紙職人(福西和紙本舗)の元での和紙漉きのワークショップ。

これを一泊二日で体験した後に前から行きたかった天河大弁財天へ車を飛ばしていき、
秋の山の紅葉と夕方の空を眺め、神社の造りのかっこよさに感動し、そのまま奈良へ。
お久しぶりの方と会って、ワインとハーブふんだんのサラダ、羊のクスクスを楽しみ、
話もはずんであっという間に時間も過ぎて、最後は珈琲で締めて部屋に帰ってあっと言う間に眠りについた。

次の日は混み混みの正倉院展で日本の宝を見て目の肥やし。
大古事記展で古事記の面白さが頭の肥やし。

ランチで入ったカフェ(ムッシュ・ペペ)が当たり。サラダ、オニオングラタン、久しぶりにパンを食べた。

目が覚めて、元気になった。
自然も、人の作るものも、人の想像力もぜーんぶつながって力になってる。

image2.JPG
image1.JPG
image3.JPG
image4.JPG
image5.JPG
image6.JPG
image8.JPG
image9.JPG
image10.JPG
image11.JPG image12.JPG
image13.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

今年も後半 安曇野の旅から [旅しました]

安曇野の友人を訪ねた

image.jpeg

わさび畑の美しい水
黒澤明監督の「夢」でも使われた場所

image.jpeg

絶滅危惧種のアオハダトンボ
ラッキートンボとされているほど
見かけるのは稀だとのこと

image.jpeg

こちらは雨が降っておらず
あちらは大雨
雲からカーテンが降りているよう


夕食はワイン、ビール、鍋、カレーとよく食べ、よく話した
そして、朝はこのような朝ごはん

image.jpeg

朝ごはんは気持ちのよい環境の中
外でいただいた
ペンションみたいな
個人宅でのこの素敵な朝ごはん!
このおもてなしに心もほかほか

image.jpeg
目の前にはりんご
まだ先だけれど 秋に向かっているんだな

魂の洗濯ができました
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

沖縄へ [旅しました]

独自の文化、空気感、色彩感。
どれをとっても豊か。

現代社会でいろんな問題を抱えていても
未来、最後まで残るのは
こういう地のように思う。
image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - 旅しました ブログトップ